ヒーリングと占いについて

【ヒーリング】

 

〈シータヒーリング〉

シータヒーリングの始まり

1995年、そのころ自然療法士やマッサージセラピスト、直感リーディングとして活躍していたヴァイアナ・スタイバルは、リーディングに使っている方法によって瞬時のヒーリングができることを発見しました。

そのころ3人の幼い子供を育てていたヴァイアナはガンと診断され、右太腿がガンに破壊されていると告げられたのです。伝統的な医療や対処法から代替療法までさまざまなことを行いましたが、効果が得られた物はありませんでした。リーディングに使っていた方法でヒーリングができることを発見したのはそのときでした。彼女の太腿は瞬時に癒されました。それからというもの、個人セッションやセミナーの中でこのテクニックを使い始めました。

このテクニックに強い好奇心を感じ、物理学者に頼んで脳波計を使って調べてもらいました。そして、このヒーリングの際にシータ脳波を使っていることがわかったのです。その後このテクニックを何年にもわたって活用しているうちに、シータ脳波を使ってヒーリングを行っているということに確信が得られました。

ヴァイアナは何千人ものクライアントのセッションを通じて、すべてに流れる創造エネルギーにつながる方法に加えて、このエネルギーが病気に関わる思い込みや感覚・感情をも変えられるということを発見しました。

そして、シータヒーリングで最も大きな発見は、このテクニックは他の人に教えることが可能だということです。ヴァイアナはこのテクニックを何千人にも教え、他の人に教える認定も与え始めました。これらはヴァイアナの人生の中でも最も素晴らしい経験となっています。

 

 

シータヒーリングはあなたの人生に実現可能な奇跡

あなたが孤独だったり、疲れきっていていたり、病気を抱えていたり、誰かの助けが必要だと感じているなら
あなたがこの惑星をより良くしたいと感じている、または答えが欲しいと思うなら
あなたがすべてなるものの一部だという生来の権利を主張したいと思うなら
すべてなるものという神聖なスピリットとつながりたいと思うなら
あなたが気づきを得たい、結果を得たいと思うなら
シータヒーリングはあなたのためになるでしょう。

シータヒーリングは宗教ではありません。思い込みを変えて良心のままに生きるためのテクニックです。

 

                                                   [シータヒーリング ジャパンHPより]

 

 

 

〈レイキヒーリング〉
レイキとは“霊気”とも書き、臼井甕男氏が大正時代に鞍馬山での修行中に1922年に体得し、行われているハンドヒーリングです。

レイキのエネルギーは特別なものではありません。

太陽の陽ざしと同じように、誰にでも等しく降り注がれている宇宙からの愛と光のエネルギーです。

ヒーラーはヒーリングを行う時、宇宙からのエネルギーを送るパイプになります。


レイキヒーリングをうけると…

 宇宙のエネルギーを流すことで、その方本来の自己治癒力を引き出すことが期待されます。

レイキヒーリングを受けた後は、チャクラの活性化、心身の滞りの軽減など、不要なものを手放したことによる変化を感じて頂けることでしょう。

(感じ方には個人差があります。ご本人の実感がない場合でもエネルギーは流れていますので、ご安心下さい。また、レイキは医療行為ではありませんので、ご了承下さい。)

 

 

占い】

 

〈西洋占星術〉

 歴史:西洋占星術はバビロニア時代に発祥し、ギリシャ・ローマ時代に占星術としての形が整えられ現代に伝えられているものです。

 

占いについて:天上で起こる星の動きが地上に影響をもたらすという考えに基づいて、作成されたある時点の星の配置図(ホロスコープ)を読み解く占いです。

古くは国家を“占う”ツールとして、近年になり個人を“占う”ツールとして利用されるようになってきました。

出生データ(生年月日・時間・場所)に基づき惑星の配置をホロスコープ(ネイタル・チャート)として描き、その人が生まれもった性格・才能・傾向や運勢の流れを読み取ります。

人は生まれる時に、自分に関わる全ての環境を選んで、一度しかないそのタイミングを選んで来たと言われています。あなたはどんな“自分らしさ”を選んで生まれて来たのでしょうか?。

命に刻まれたものー“命占”を通して自分を再確認し、より自分らしさを発揮するのに活かしてみませんか?。

 


〈タロット占い〉

 歴史:タロットの歴史は古く、諸説あります。

現存している最古のタロットカードには、1400年頃イタリア・ミラノのヴィスコンティ家という貴族が使用していたものがあります。

 

占いについて:タロットカードといわれる78枚のカードを使用して、あなたの過去・現在・未来、そして心に秘めていることなどを読み解いていく占いです。

なぜ、カードにそのようなものがあらわされるのか?。

それはタロットカードが、人間が普段意識しない潜在意識と呼ばれるものに、積極的にコンタクトするツールといわれているからです。

皆さんは日常で“ふと感じたこと”が現実になることはありませんか?。

そうした状態を積極的に作り出し、情報の宝庫といわれる潜在意識を眠ったままにせず積極的に使い、未来を読み解き、現状へのヒントを得てより良い未来にするためのきっかけをもたらしてくれるツール…それがタロットカードなのです。

 

 

 

〈数秘術〉

 歴史:19世紀末〜20世紀初頭にかけて、アメリカ人女性ミセス・L・ダウ・バリエッタにより体系づけられたものです。

 

占いについて:数秘術では一つ一つの数字に意味があると考えています。生年月日と生まれた時につけられた名前から、5つのナンバーを導き出ます。

その人がどのような人物であり、どのような思いを抱きどのような道を歩むのがその人らしいのか…その人がどうある時、生まれる時に選んだブループリントにそっているのか、その人が歩む道にはどのような“意味”があるのか、を探っていくものです。

いつ何が起こるのか、どうすれば良いのかよりも、その人がその人である“意味”、ある出来事に秘められた“意味”にフォーカスするという点で、一般の占いよりもスピリチュアルな考え方に近いツールです。